思想

分業度は変化していく

仕事の起源について考えてみる。

もともと、人間は完全な自給自足をしていたと思われるし、つい最近までかなりの部分が自給自足であったと思われる。

もちろん、太陽は勝手に降り注ぐし、水も場所がよければ流れ込んできたり湧いたりしている。

とはいえ、何事も得意不得意があるし、たまにしか必要のない技術は他人に頼んだほうが早いということで、仕事が生まれた。他人の不便をなくしてあげるのが、仕事である、というような言い方もされる。

そんなこんなで、分業が進んできたのであるし、それでいいという話もあるが、あんまりにもそれが行き過ぎるとつまらなくなる。

全体性が欠けていると、つまらなくなる。
ダイナミックな変化を感じ取るのが難しくなるからだ。

人間が、何を面白いと感じるか、という問題は非常に興味深いがその1つは、物事の変化を発見すること、だろう。

分業化しすぎると、そのへんが難しくなる。だから、現代ではリハビリとして、自分で工作したり、野菜育てたりする。全体像が見えやすく、変化もダイナミックだ。

分業化については、明確で、効率をあげるため。最近に関しては、仕事の量が多かったから。高度成長期、バブル期と日本には仕事の量が多かった。だから、分業化しないと捌けなかったのである。

それで、いま仕事の量(実は質も)が減った。そういう中で求められるのは以前の仕事量が多すぎた時代の分業ではなく、新しいカテゴリーの職種になるだろう。

たとえば、「イラストも描けてwebもデザインできる」、とか「コピーも書けて、webプログラムもできる」とか、そういうかんじでないと機能しにくくなってくると思う。
(特定分野の天才を除いては。)

そう考えると、やることはたくさんあって、RPGのゲームみたいで面白いと思う。

自給自足からはじまって、分業に行き着き、それがゆり戻しを迎えているというのが、2010年の今である。話はさらに進んで、分業化して人間の経験地の多様性が落ちると、今度は労働すらエンターテイメントになる可能性を秘めている。(大工仕事ぐらい、昔はやったことある人が多かったが、いまやそれもないので、逆に新鮮な作業という)

ここにヒントがありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザックザックについて

わたくしの仕事のひとつに、農業ウェブマガジンザックザックの編集長(いま編集部1人)というのがある。

いま、農業を取り上げる雑誌が増えた。
一部は公共事業で組まれた号もあるが、まあそれでも考えるきっかけにはなるだろうと思うし、実際に若い人(とくに20代後半から30代前半)が独自のやり方で農業に取り組んでいる人が増えてきているのも事実である。

ザックザックは、まだできたばかりのウェブマガジンで、実に荒削りな部分が多いが、単に農業が(ビジネスとして)熱い!とかそういう話ではなく、もっと謎の「農業」というものを具体的に見ていけるようにしていきたいと思っている。

情報も食べ物と一緒で、食べすぎはお腹を壊すし、質も重要。 丈夫になる食べ物を提供したいのだ。

・稲も小麦も、どっちも海外から来たものだとか
(稲作文化と畑作文化は、どちらも日本に定着したかもしれない)

・そもそも、農業だけで「現金収入」を得ていた時代はほとんどないのではないか、ということ。
仕事の目的は、生活の糧を得ること、もっというと質の高い生活を営むこと、である。現金収入の多寡は、一つの指標に過ぎない。
(これは、やりがいがあれば儲からなくてもいい、という美化した話ではない)

・農業という呼び方は、産業的な捉え方しかできなくなるのではないか

・苦労して牛、豚を育てなくても、爬虫類(ワニとか)のほうが
根本的に省エネルギーではないか、ということ。だから日本の牛肉自給率が低いといってあたふたしなくてもいいんじゃないのか。
(だから、宗教で牛、豚を食べることを禁止しているのだろう)

という、根本を問い直すような方向性のことを、
突っ込みどころ満載の方法で情報化していきたいと思う。

Zackzack ザックザックのTOPページ、記憶に残るデザインらしい

追記)最近、コネタ記事を書いてくれる人を探しておりまして1記事2000円~2500円でお願いしております。興味ある方は、ザックザックからお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイプードルって・・・

トイプードルって名前がすごい。

    * トイ・プードル(英:Toy Poodle)

ミニチュア・プードルを純粋に愛玩犬として飼育するために更に小型化したもの。 はじめは奇形がよく現れたが、改良の結果犬質が安定した。体高26~28cm、体重6.5~7.5kgの小型犬。
引用wikipedia

はじめは奇形がよく現れたが…
はじめは奇形がよく現れたが…
はじめは奇形がよく現れたが…

人間の業は深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)